So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

琴音の煉瓦刻印発見録?『長瀞の大煉瓦擁壁☆』葉暮橋・秩父鉄道(上武鉄道)護岸擁壁 [琴音の煉瓦刻印発見録♪]

『埼玉県北部を横断する秩父鉄道』

 元々は上武鉄道であり北武鉄道を吸収して東に延伸(羽生駅)

 片や西、つまりは秩父をを目指すわけなんすが・・・

 その区間には鉄道敷設にとって大きな難関が立ちはだかっていたんですよね~。

 しかもそこには『煉瓦があった』

 っつーことでそこへと向かうんだけどその前にランチです(*´д`*)

琴音の煉瓦刻印発見録♪長瀞の秩父鉄道煉瓦擁壁.jpg

DSCF0828.jpg

DSCF0829.jpg

 う~・・・寒い!寒い!^^;

 雪と戯れた後は駅前にある『そば処・うちだ』さんに飛び込んだっっす。

 まずは慰労の一杯を(*´д`*)チョーウメエー!

 んでもって注文したのはこちら↓

DSCF0830.jpg

DSCF0831.jpg

 きのこたっぷりの蕎麦っす(*´д`*)

 これがまた冷えた体に沁みわたります!

 カツオのイノシン酸ときのこちゃんのグアニル酸がお汁の旨さを倍増っす☆

 全部ずずずーって飲み干しちゃったもんだから、大びんのビールを飲み切るのが大変だったけどまあいっかw

 

DSCF0832.jpg

DSCF0833.jpg

 さてランチを終えてやってきたのは波久礼駅っす^^

 隣町の寄居町までやってきました。

 

DSCF0834.jpg

DSCF0835.jpg

 ここから目指すは国道140号線と秩父鉄道がクロスするちょっと手前のところでやんす^^

 

DSCF0836.jpg

 歩道もなくってちょっと怖い・・・^^;

 

DSCF0837.jpg

DSCF0838.jpg

 しばらくすると鉄道の築堤が石垣からコンクリの護岸壁へと変化し始めましたぞい^^

 

DSCF0839.jpg

 左手を見やればダムによって荒川に出来た玉淀湖が眼下に。

 歩けば歩くほど湖面からは随分と遠ざかります。

 

DSCF0840.jpg

 ちょうど寄居町と長瀞の町境まで来たみたい。

 そしてここが今回の目的地でもあるんです^^

 

DSCF0841.jpg

 ここは『葉暮橋』と言う桟道橋。

 一見、普通に道路の続きじゃないか?って思うでしょ?

 でも桟道って付くからには違う訳でーーー。

 

 実はこの橋の下は崖っす。

 高さ30メートルの崖っぷちの山肌に足場を這わせて鉄骨の橋を渡しているんすよ^^

 かつては秩父~熊谷区間の最大の難所だったんです。

 道路橋が出来たのは昭和の話(1953年・大正28年)

 それ以前は船で対岸に渡って秩父を目指していたんだそうですよ^^

 

 そしてーーー

 この葉暮橋が出来る前から秩父鉄道はこの難所をクリアしてた訳なの。

 1911年・明治44年区間開通。

 そしてそしてその際に!

 この断崖絶壁を削ってレールを敷設し、崖面の崩落防止用に堅牢な法面を築き上げました。

 その痕跡こそ『煉瓦ちゃん』なのです!

 では望遠ですがご覧あそばせ!その雄姿!

 

DSCF0842.jpg

 ・・・なんか十字の意匠のあるかっくいい煉瓦壁っしょ^^;

 擁壁!っつーから、どでかい煉瓦の壁とか想像したっしょ?マジでw

 実は私、進撃の巨人に出てきそうなすんごい高い高い煉瓦の壁でもあるんだろうなあ~とワクワクして来てみたらこれですよ!^^;

 せいぜい私のオッパイくらいの高さじゃんw

 なんだよこれー。

 昔の痕跡は埋もれちゃったのかよーと思ってたら

 違ったんす。

DSCF0843.jpg

 昭和47年に歩道橋が併設される訳なのですが、道路橋との隙間に橋の下を覗ける部分があったとです。

 そこを覗いてみるとーーー

 

 

DSCF0844.jpg

DSCF0845.jpg

 落ちたら即死ってくらいの超絶どでかい煉瓦擁壁だった。。。

 高さ約30mの煉瓦の護岸擁壁なんて、日本中どこを探したって恐らくここだけではないでしょうか???

 驚いたなあーーーと言うか、

 もっと間近で見てみたい!

 もっと下から見上げて見たい!

 って思っちゃいましたよ(*´д`*)

 ・・・とは言えここを下から見上げるには、

 玉淀湖に船を浮かべて袂に近づくか、

 クライミングロープ(ザイル)をガードレールに括りつけて下っていくしか方法が無いのよねw

 つまりはそれだけの断崖絶壁であり、交通の難所だったわけなんです^^

 

DSCF0846.jpg

 谷側にあるのは旧葉暮橋の名残でしょうか?

 

 ーーーさてこのまま帰るのも忍びない。

DSCF0847.jpg

 こんな山間だっちゅうーのにとんでもない交通量。

 ダンプやトラックがビュンビュン駆け抜ける道なんだけれども、

 頑張って山肌側へと行きました。

 何でかと言われれば、当然煉瓦の刻印探しですw

 なんせーーー

DSCF0848.jpg

 見た感じ十字の意匠部位は刻印のありそうな煉瓦の平面が露出していたから(しかもいっぱい)

 

DSCF0850.jpg

 煉瓦表面はちりめんじわ。

 明治大正期の煉瓦成型特有の機械成型の跡。

 これは後年に補修されたとかじゃなく純粋に当時のままっぽい(*´д`*)

 ではでは刻印でもーーーと思ったんですが、

 ・・・

 ・・・

 無理ですw

 幅員狭すぎて車に引き殺されちゃうよW

(私を見つけて対向車とすれ違えないで止まってしまったダンプのオジサマごめんなさい・・・)

 

 と言うことでさっさと諦めたっす^^;

 ですが秩父鉄道の延伸延西は日本煉瓦製造㈱の渋沢栄一の影響下だったので、恐らく刻印が見つかったとしても、

 時代的に日本煉瓦製造㈱の明治期の刻印『上敷免製』なんじゃないかなあ~とも思ってます^^

(※ ただし、別の地域の煉瓦構造物の廃品も利用してるかも?と風の噂で聞いたけれどもあくまで噂)

 

 さてこれ以上は限界ってことで帰るっす。

 道中ーーー

DSCF0851.jpg

 お兄ちゃんが喜びそうな雑誌が落っこちてたよ(*´д`*)

 私は同性だから・・・あんまし同性のおっぱい見ても嬉しくないけどね^^;

 

DSCF0852.jpg

 電車が来るまで時間があるからと暇つぶしに歩いたら、ここ十年くらいでしょうか?

 秩父で流行(むしろ流行らせようと奮闘?)の豚丼のお店があったよ^^

 

DSCF0853.jpg

 帰りも秩父鉄道で帰ろうと思ったっすけど、熊谷でJRに乗り換えてグリーン車でまったりお酒飲みつつ帰ったっすw

 だってさ?

 同じ埼玉県だけど草加と秩父じゃ遠いもんw(西と東の端)

 帰りくらいはお酒飲むのも躊躇しちゃうロングシートじゃなくボックス席でいいよね☆

 ではではまた今度、小さな煉瓦旅行があったら報告する予定っすマジで(*´д`*)

 


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

琴音の煉瓦刻印発見録?『秩父長瀞・荒川橋梁』 [琴音の煉瓦刻印発見録♪]

 旧親鼻橋の煉瓦橋台を堪能した私は、 

『いっけね!私ってば荒川橋梁を見に来たんじゃーんw』と思い出して、再び対岸へと戻ることにしたんす^^

 んじゃ、秩父長瀞編の続きっす(*´д`*)

琴音の煉瓦刻印発見録♪荒川橋梁・皆野町・長瀞・秩父.jpg

DSCF0805.jpg

 どうやったら荒川河川敷に降りられるかと模索していたら、

 実は行きの時に工事中だからと敬遠していた場所が降り口だったと言う感じ^^;

 工事のオジサマもお昼時でいないのでさっさと降りることにした。

DSCF0806.jpg

 歩道などは整備されてなく雪で倒れた藪の上を降りていくとーーー

 遠くにお目当てのブツが見えて来たっす(*´д`*)

 

DSCF0807.jpg

 うひょー!埼玉にもこんなに高い橋梁があるだなんて!

 しかも煉瓦ちゃんのおまけ付き(*´д`*)

 急いで駆け寄りたいけれど、ここは慎重にね☆(既に2回こけてます)

 

DSCF0808.jpg

 するとこちらの河川敷にも煉瓦塊が!

 

DSCF0809.jpg

 もちろん流れに洗われて煉瓦刻印どうのこうののレベルじゃありませんでした。

 これも恐らく上流にかつて存在した親鼻橋の煉瓦ちゃんの名残なんでしょうね^^

 

DSCF0810.jpg

 ようやく到着!

 でもバリバリ逆光W

 鉄橋に太陽を隠すように袂から撮影し直すとーーー

 

DSCF0812.jpg

 あは~ん!(*´д`*) なにこれ? めちゃくちゃ素敵な煉瓦橋梁じゃないですかあ!!!(*´д`*)ウットリ

 

DSCF0813.jpg

DSCF0814.jpg

 三段の煉瓦橋台、その上にはコンクリの橋台と言うトーテムポールみたいな荒川橋梁。

 天気も相まってその赤々とした出で立ちが映える!(*´д`*)

(※ 元々は4段目まで煉瓦だったそうっす) 

DSCF0815.jpg

 積み方はイギリス積み。

 

DSCF0816.jpg

DSCF0817.jpg

 尖った水切り石がカッチョイイ!(水切り石は簡単に言えば川の流れを左右に逃がして橋脚・橋台を守る石のことです^^)

 

DSCF0818.jpg

 あそこまで水位があがるのかな!?

 だとしたら恐ろしい・・・

 

DSCF0819.jpg

 まるで巨神兵みたいな橋脚が河川敷に5体?

 橋台部位が2対。

 

DSCF0821.jpg

DSCF0822.jpg

 せっかくなので橋台に近い方もパチリ。

 こちらは川岸の高さに合わせて二段の煉瓦橋脚+コンクリ。

 積み方は同じイギリス積みなんだけれども、他と少し色合いが違う煉瓦ちゃんなのは何故なんだろ?

 

DSCF0823.jpg

DSCF0824.jpg

DSCF0825.jpg

 橋脚の下流側はすっかり丸みを帯びていましたっす。

 たぶん水切りで左右に受け流された水流が渦を巻くようにこの部分に当たるからなんでしょうね。

 そのうち補修しないとヤバいんじゃ・・・^^;

 

DSCF0826.jpg

DSCF0827.jpg

 思わず夢中になり過ぎてて電車の通過音でハッとさせられた。

 そうだよ現役バリバリの煉瓦ちゃんの説明を何もしてませんでしたねw

 ここは『荒川橋梁』と言う、大正3年に造られた煉瓦の橋脚橋台っす^^

 その高さは約20メートル近く。

 荒川を越えて秩父までの延伸工事は並大抵の工事じゃなかったんだろうなあと想像させるっすよね。

 煉瓦刻印を見つける隙間など無い完璧な造り。

 でも恐らく日本煉瓦製造の総裁・渋沢栄一が秩父鉄道以西には大きく関わっているので、

 刻印があったとしたら時代的に『上敷免製』か『日煉』だと思います^^

 日煉とか意外とレアだから見たいんだけどな~(*´д`*)

(※ 秩父鉄道の出発点の羽生駅から東行田駅間は、秩父鉄道が併合する前の北武鉄道の路線を流用しているので煉瓦の刻印も違ったりします^^

 見沼大用水橋梁ってところが恐らく境目。

 日本煉瓦製造の煉瓦と大阪窯業東京工場の煉瓦が河川を挟んで両岸に使用されている)

 

 さてこの後は駅前でランチをしてから帰り道に寄り道をしました。

 次回はその続きっす(*´д`*)

(メインブログなら最後まで一気に書き上げる内容だけれど、こっちは短く刻んで記事数増やすw) 

 


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

琴音の煉瓦刻印発見録?『秩父長瀞荒川橋梁&旧親鼻橋』 [琴音の煉瓦刻印発見録♪]

秩父に行くのはとっても久しぶりでした☆』

 いつ以来かな?

 ランプのお宿の廃墟を見に行った以来でしょうか???

 

 さて今回私っちは何を目的に出向いたかと言うとーーー

 長瀞付近にある秩父鉄道の煉瓦橋梁『荒川橋梁』を見たかったからなんす^^

 そしたらそれ以外にも煉瓦ちゃんが見つかっちゃった(*´д`*)テヘ♪

琴音の煉瓦刻印発見録♪荒川橋梁・親鼻橋.jpg

DSCF0755.jpg

『上長瀞駅』まで電車を乗り継ぐこと2時間ちょっと。

 埼玉の東のはずれから西のはずれまでは遠いっすねw

DSCF0756.jpg

 さて駅から歩き始めた訳なんすが大体の場所は分かってるっす。

 

DSCF0757.jpg

 だって線路伝いに荒川を越える橋を目指せばいいだけなんだからねw

 っつーことで荒川付近に来たんすけど、どうやらここは煉瓦ちゃんじゃないみたいね^^

(※ 後述しますがこの道は旧秩父鉄道線なんですって)

DSCF0758.jpg

 でもここから荒川を望むと、うひゃー!

 煉瓦ちゃんの橋脚が見えりゅう(*´д`*)

 さっそくどこから川岸に降りようか模索。

 でも目星をつけていたところは何か『新しい道路をつくってます』と工事中だったんで、

 とりあえず別の場所を探すことにした。

(※ これが結果的に良かった)

DSCF0759.jpg

 ・・・結局降りられそうもなく、大回りして対岸までやってきてしまったっす^^;

 とは言え対岸からだって近づける訳でーーー

 

 対岸には長瀞ライン下りの入り口があったのでそこからお邪魔することにしたっす☆

DSCF0760.jpg

 ・・・分かってはいたけどっすね^^;

 埋もれた河川敷の石に足を取られないように慎重に進むことにしたっす。

(※ ここに来るまでに既に2回すっ転んでます^^;)

DSCF0761.jpg

 川に近いところは雪も解け、この長瀞独特の岩畳が顔を見せていたっす^^

 するとーーー

DSCF0762.jpg

 その所々に『煉瓦片』!

 でもどこの煉瓦片なんだろ???

DSCF0763.jpg

DSCF0764.jpg

 これは小さな小さなポットホールかな^^

 硬い岩盤の窪みにハマった石が川の流れに洗われて丸っこい石があったっす。

(※ この近くに巨大なポットホールがあります。ちなみに日本一大きい)

 そしてそしてこれが一番ビックリした。

 それはーーー

 

DSCF0765.jpg

DSCF0766.jpg

 この付近には沢山の『煉瓦塊』があったからなんです(◎_◎;)

 ぶっちゃけそんな情報知らなかったからビックリ。

 と言うか歓喜w

DSCF0767.jpg

 見ればその近くには人工的に造られた何かの土台も散見。

DSCF0768.jpg

 煉瓦刻印は・・・川流に洗われてご覧の有り様。

 丸まり削られて刻印どころじゃないっすねw

DSCF0769.jpg

DSCF0770.jpg

DSCF0771.jpg

DSCF0772.jpg

 流石に川に踏み入ってまで観察する勇気もなく(冷たいし、流れが意外と早い^^;)

 望遠で眺める程度にしておきました^^

 

 さてさらにすすむとこんなものが!

DSCF0773.jpg

 刻印・・・?

 うーんでも形状的に煉瓦じゃ無くて瓦製品っぽいね・・・コレ^^;

DSCF0774.jpg

DSCF0775.jpg

DSCF0776.jpg

DSCF0777.jpg

 近づける煉瓦塊には成るべく寄って調査したけれど、やっぱりどれも浸食されたものばかり。

 最初はこれから見に行く荒川橋梁の付け替え工事とかで、要らなくなった煉瓦橋梁とかが流れて来たのかな~って思ったのですが、

 よく考えたら荒川橋梁はここから『下流』の場所なんす。

 鮭じゃないんだから煉瓦が遡上するわけ無いよねw

 だから増々分からなくなっちゃった・・・。

 

DSCF0778.jpg

DSCF0779.jpg

 ようやく荒川橋梁の近くまで来たものの・・・

 

DSCF0780.jpg

DSCF0781.jpg

 どうやらこの川の流れを飛び越えないと近づけないみたい・・・^^;

 ジャンプで渡れそうだけれど、正直対岸側がどこまでしっかりした足場なのか不確定。。。

DSCF0782.jpg

 周りに落ちていた竹を向こうに渡してみたモノの、

 結局怖くて断念しましたw

 

DSCF0785.jpg

 とりあえず再びスタート地点である向こう岸へと戻ることにしたっす^^;

 ここで一息。

 電車内でぬるくなっちゃったお酒を雪の中に置いときましたよw

 ヒンヤリ冷えて美味いこと美味いこと(*´д`*)

 落ち着いたところで元来た道を戻った。

 

DSCF0786.jpg

 秩父と長瀞を結ぶ国道140号線、その間には荒川を越えるための『親鼻橋』がありましたっす。

 なんてことない車が通る橋っすよ。

 でも実はこの橋には歴史があり、この橋を渡ったのはとても意味があったことに気づくのはもう少し後の話なんです^^

 

 ・・・いつもの癖でしょうか、

 どうも煉瓦探索してると嗅覚が備わってくるのかーーー

DSCF0787.jpg

 橋から周りを眺めていると、

 ここから上流側に『煉瓦っぽい何か』が藪の中に薄っすら見えちゃったとです!(*´д`*)

 見間違いか?とも思ったけど、

 カメラの望遠でも手持ちの双眼鏡でも確認した結果、

 あれは絶対煉瓦ちゃんや!と確信し、

 急遽目的変更っす!

 目指せ!煉瓦っぽい何かちゃ~ん(*´д`*)

 

 

DSCF0788.jpg

 とりあえず一番近そうなとこはどこなんだろ?と行くと、

 どうやらウォーターパーク長瀞と言うテーマパークへの道が最も近そうだったっす。

 っつーことで行ってみようっす^^

(※ 後で分かるんだけど、この道は築堤)

DSCF0789.jpg

 ただ・・・その道なりに進んでも遠ざかる一方なんでーーー

(※ 途中からカーブして逸れていた)

 泣く泣く途中で竹藪に突貫することにしたっす^^;

 

DSCF0790.jpg

 竹藪はヤダ・・・ほんと嫌ぁ・・・

 だって分け入った時に鞭のように『はねっかえり』があるんだもん!

 目に飛び込んできたら危ない危ない・・・

 

 慎重に慎重に掻き分けて下るとようやく河川敷へと到達した。

DSCF0791.jpg

 そこから見上げる先ほどの場所。

 うーん・・・

 やっぱりここからじゃ見えないか^^;

 と言うことで竹藪の檻みたいなところを渋々と再び登ることにしたんです。

 すると!

 

 

 

DSCF0792.jpg

 き、来たああーーーー!

 やっぱりどう見ても煉瓦ちゃん(*´д`*)

 しかも何だろ?---橋脚とか橋台跡かな???

DSCF0794.jpg

 積み方は長手積み。

 

DSCF0795.jpg

DSCF0796.jpg

 左右の隅は石積みで固めた素敵で堅牢な造り^^

 

DSCF0797.jpg

 土台部は何だろ? 石垣と煉瓦の間にあるのは・・・コンクリ?

 わっかんないなあ~^^;

DSCF0798.jpg

 横はどうなってるのかと移動したけど藪で分からないっす^^;

 ならばせめて上はどうなってるんだろーつーことで!

DSCF0801.jpg

 一旦戻ると登れそうだったので行ってみるっす(*´д`*)

 私以外にはこんなとこ誰も行かないだろうなあ~って思ったが、

DSCF0802.jpg

 先客がいたようっすw

 えっと~狸の足跡だよねコレ?

 犬じゃないと思うっす^^

 さて、

DSCF0803.jpg

DSCF0804.jpg

 頑張って藪を掻き分けて進むものの、足元には何もそれらしいものは見えなかったっす。

 と言うか落ちたら嫌なので手前で止めといたんだけどねw

 

 結局この時点では何も分からなくて退散。

 この後は再び荒川橋梁へと向かうのですが、ここで答え合わせをば^^

秩父鉄道長瀞~旧秩父駅区間2.jpg

 かつて秩父鉄道は荒川の手前が終点でした。

 それがこの煉瓦遺構の辺りにあった旧秩父駅。

 現在の秩父駅から10㌔も離れてる辺鄙な場所っすよ。

 そしてその旧秩父駅の駅舎は今や別の場所に移築保存されてるのですが・・・

 なんと正確に詳しい跡地は分からないとのこと(なんでよ?)

 

 上の図を見てもらうと分かるように現在線と旧線は大きく線形が違いましたっす。

 歴史は端折りますが、長瀞駅(旧宝登山駅)から荒川湖畔にあった旧秩父駅までが元々の秩父鉄道本線だったとです^^

 そこは荒川橋梁が出来て秩父市内まで線路が開通した後にお役御免となったのですが、

 しばらくは貨物支線として存続してたわけ(大正15年廃止)

 だから調べ始めた当初は鉄道系の煉瓦遺構なんじゃね?って思ってた。

 旧秩父駅の名残とか?って考えていたのですがーーー

 全然違ったようですw

 

 実はーーー

 先ほど往復した国道に架かる親鼻橋の前身

『旧・親鼻橋の名残』だったんすよね^^

 1902年(明治35年)架橋。

 1914年(大正3年)にやっとこさ荒川を越えた秩父鉄道より大先輩の橋だったそうっす^^

 それは1957年(昭和32年)に架橋した現在の橋が出来るまで使われたそうなんですが(その間に付け替え工事や補修あり)

 この煉瓦の橋脚や橋台こそ、その初代親鼻橋の名残なんだってさ^^

 対岸にも実は煉瓦橋脚の名残が残ってるって話。

 知ってたらそっちも見に行ったのに悔しいっすマジで^^;

 

 そしてこれで納得できたことがもう一つ。

 荒川の河川敷に散乱していた煉瓦塊もまた、どうやら旧・親鼻橋の煉瓦橋脚の名残の一部のようっすね^^

 

 素直に荒川橋梁に辿りついていたらこんな発見もなく、こんな歴史も知ることも無かったはずっす。

 偶然に感謝っすねマジでさ(*´д`*)

 

 さてこの秩父長瀞(正確には皆野町)の話はもうちょっと続くっす^^

 埼玉の山村に浮かぶ煉瓦橋梁をとくと見よ!

 その後のおまけと言っちゃ失礼なくらいの高さ30メートルの煉瓦擁壁もご覧あれっす(*´д`*)

 ではではまた今度☆

 


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -