So-net無料ブログ作成
検索選択

琴音のレキシトコネクト編☆『深谷市役所花壇の煉瓦刻印☆』深谷城址・近況ほか [レキシトコネクト]

『近況報告・・・とでも言いますか?』

 

 最近は皆さんの想像通りに位置ゲー『レキシトコネクト』にハマりまくってて~

 昼夜問わずに色々なところに出かけまくってますw

 

 おかげでブログも放置

 Twitterも放置で廃墟と化してる状態っすねw

 

 かつてファミリーコンピューターが我が家にやってきてから学力ダダ下がりした子供時代を思い出させるような近況です^^;

 

 だからと言って無駄に出歩いてる訳でも無いのよ?

 一応、自分の趣味に乗っ取った行動もしてるわけ。

 

 正直、ゲームのついでと言うには嘘だろ?おい!ってくらい写真も撮ってたりするのですが、

 全部報告してる暇もないのでごく一部だけでも報告しようかなーって感じっすw

 

 ではではゲーム廃人の晴れ姿の一部をどうぞ☆

琴音のレキシコネクト・表紙ブログ用.jpg

DSCF1761.jpg

 この日はある5月のお休みの日。

 ゲーム的に『行ったことのないエリアに行くと得点がたくさん貰える』っつーことで、

 埼玉県内の遠出プランを組んだのです^^

 

 目的は『東松山~熊谷~深谷~』ってとこかな。

 

 なぜそのルートかって???

 

 そこには煉瓦遺構もポイントが高いお城跡もあるからなのよ(*´д`*)

 

 さっそく電車内で戦の準備。

 ニューデイズ(JR内のコンビニ)で『天然ふぐ柚子風味仕立て』なる怪しいおにぎりを見つけちゃったので早速所望したのですw

DSCF1764.jpg

 美味しいけれど『食材の無駄使い』って感じかな?

 もし見つけて購入しても早めにパクつくこと推奨です。

 生もの系なんで傷みが早そうだしね^^

 

 さて自分的に懐かしの東松山市とか、熊谷市の煉瓦教会とかも見たんだけれど割愛します。

 いずれ時間があったら記事にでも☆

 

DSCF1817.jpg

DSCF1818.jpg

 この日、最後に訪れた深谷市でのお話をちょっと^^

 

 深谷市と言えば深谷ネギとか、ゆるキャラのふっかちゃんとか、日本煉瓦製造㈱と言う日本屈指の煉瓦工場が有名どころではあるのですが、

 ここにもお城の跡があったりするわけなんすよ^^

(深谷商業高校の建物素敵じゃない?☆)

DSCF1819.jpg

DSCF1820.jpg

DSCF1821.jpg

 特に歴史背景とか説明も何もしないっすw

 深谷城に到着。

 城跡と言えばってくらいお約束の神社や公園と化してました。

Screenshot_20170504-160554.jpg

 めでたく埼玉県7こ目のお城をコンプ(*´д`*)

 

Screenshot_20170508-021852.jpg

 ついでにゲーム内イベントのワームと言う敵の討伐も450体越えを到達(*´д`*)

 

 さて何度も深谷市には来ているし~

 さっさと帰路についてもいいのだけれど、

 せっかく煉瓦の都に来たんだから煉瓦をちょっと拝んでから帰ろうね^^

 

DSCF1822.jpg

 やってきたのは駅までの帰り道にある深谷市役所。

 一見、普通のコンクリの建物だけれどもー・・・

 

 正面玄関への通路脇にある花壇に注目です☆

 その花壇の煉瓦ちゃんにはーーー

 

 

DSCF1823.jpg

DSCF1824.jpg

DSCF1825.jpg

 かつてこの深谷市に存在した煉瓦工場『日本煉瓦製造㈱』の昭和期に造られた『日本』が刻まれた刻印煉瓦がいっぱいあったりするんすよ~^^

 

 ま、こんな感じで趣味だけは忘れない廃人ゲーマーとして日々を送ってるわけっすw

 

 いつの日かブログ記事を今までのように書ける日が来ればいいですね☆(他人事)

 



nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

琴音の煉瓦刻印発見録♪『千葉県野田市・キッコーマン茂木本家の煉瓦塀の刻印☆』金町煉瓦の刻印 [琴音の煉瓦刻印発見録♪]

『前々から気になっていたことがあった』

 

 それは関東の古い煉瓦ちゃんの工場と言ったら

『小菅』『日本煉瓦』『下野』そして『金町煉瓦』と言う4つの大きなブランド工場があったんだけど、

 

 金町煉瓦製品の分布図?っつーか、

 その煉瓦がどのくらいどこそこに使われているのかってのがよく分からなかったのです。

 

 私っちが確認した感じじゃ主に鉄道系。

 旧・横浜駅や総武線(お茶の水駅近辺から以西のごく一部の区間)

 もしくは松戸市近辺の樋門や煉瓦倉庫。

 

 でも、資料を調べると在りし日の金町煉瓦の生産高はかなりのもの(のちに日本煉瓦に吸収合併)

 

 その『どこに行っちゃったんだろう?煉瓦ちゃん』のヒントが

 

 坂東市からの帰り道の乗り継ぎで立ち寄った千葉県野田市にあったのかもしれませんっす^^

 

琴音の煉瓦刻印発見録♪野田市キッコーマン茂木家煉瓦塀の刻印.jpg

 実は数年前に煉瓦の刻印を探しに野田市に訪れていました。

 メイン記事では少ししか触れませんでしたけど^^

 

 今回、特に野田市に注目するわけじゃなかったんすが、

 ここから出る帰りのバス『北越谷駅行きのバス』を待つまでに30分くらい待ち時間があったとです。

 

 ならばそれまでの間、街をぶらぶらしちゃおうかなって思ったわけっすよ^^

 

 だって野田市は何気に煉瓦構造物が結構多いしね☆

 

 さあこの千葉県野田市。

 関東の人ならば知る人ぞ知る『醤油の街』

 

 そのブランド名は『キッコーマン』だ。

 関東の定食屋さんには割と普通に亀甲のマークのお醤油瓶があるよね。

(ちなみに関東の料理人としてはキッコーマンより千葉県銚子市の業務用のヤマサ醤油がシェアを誇ってる気がするけれど)

 

 そのキッコーマンってのは簡単に言うと地元の味噌作りや醤油作りの店たちの合弁から始まった会社でもありやす。

 そしてその中の一つが『茂木家』

 

 私っちが今日乗ってきた東武野田線の前身である醤油を運ぶ貨物路線に出資をしたのもこの茂木家だったりするんすよね(今は東武アーバンパークラインとかかっちょいい名前になったけど貨物路線が大本)

 

 まあここまでが説明と言うか前置きです。

 

 そもそも野田市ってのが現在の葛飾区東金町に存在した金町煉瓦の工場から結構近いから

『野田市にある煉瓦て金町製じゃね?』ってずっと思ってたわけっす。

 

 それを裏付け出来るのは『煉瓦の刻印』

 刻印は嘘つかないw

 

 と言うことで、バスまでの時間も短いから近辺の煉瓦構造物へと向かうことにしたのです^^

 

DSCF1735.jpg

 やってきたのは駅から徒歩5分くらいの場所。

『茂木本家住宅の煉瓦塀』

 

 恐らく母屋と同じ時期に建造された大正15年(1926年)の煉瓦塀だと思うっす^^

 

 

DSCF1736.jpg

 これが不思議で、なぜか明治初期に流行ったフランス積みだったりします^^

 

 さて煉瓦刻印探しやしょう。
 残念ながら出っ張ってる面積が狭くて、こりゃ無理だろうと思ってましたよ^^;
 
 するとーーー

 

DSCF1737.jpg

 ぐおおおおおおおおーっ!

 きたあああああああーーー!!!

 

 なんか『〇っぽいのと漢数字の二』だよね?

 

 ちょっとどこのかわかりずらいなあ。

 そう思ってもっと寄ってみるとーーー

 

DSCF1738.jpg

 〇が二輪の『金町煉瓦の刻印』だったっす(*´д`*)

 

DSCF1739.jpg

 他には〇が二輪のヲかな?

 これも当然金町煉瓦製^^

 

 ズバリ読み通りに刻印に巡り合えちゃったかもしんないw

 

 ここだけで野田市に残る煉瓦が全部金町製と決まったわけではないけれど、

 大地主さんで影響あった茂木家の煉瓦がこれですもの。

 その比率はきっと高いんだと思います^^

 

DSCF1740.jpg

DSCF1741.jpg


 フヒヒ。良い寄り道できちゃったかもね(*´д`*)

 来週も茨城や野田市辺りをブラついてレキシトコネクトのレベル上げしたいと思います(刻印探しじゃねーのかよ)

  

nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

琴音の煉瓦刻印発見録♪『茨城県坂東市観光センター秀緑の刻印☆』 [琴音の煉瓦刻印発見録♪]

『前回のリベンジに行ってきたっす!』

 

 目指すは茨城県坂東市。

 

 今回は別ルートで陸の孤島にある酒蔵跡を目指したのだ!

 

琴音の煉瓦刻印発見録♪茨城県坂東市観光センター秀緑ほか.jpg

坂東市ってどこ?.jpg

 前回は最寄り駅だろうと勝手に思ってた水海道駅であえなく撃沈。。。

 

 バスの少なさ、どの駅からもアプローチが遠いことに驚愕したっすよね^^;

 

 まあ~その代わりに素敵な発見もできたのだけれども(五木宗の煉瓦刻印発見)

 

 そして今回は、数少ない陸の孤島への別ルートで行くことにしたっす(と言うか現状、バスは守谷からと朝夕の水海道。そしてもうひとつだけ^^;)

 

 なんでも千葉県野田市の愛宕駅からも一時間に一本ほどバスが出ているそうなので愛宕駅へ。

 

 そこからバスで約25分程で念願の坂東市にやってきたのだ!

 

 全然乗降客いないエリアなので位置ゲー『レキシトコネクト』のレベル上げには持ってこいなのだけど・・・

 

 正直どんだけ田舎なのかなあと不安もよぎる(むしろ生活するの大変そうと思った)

 

 でも着いたらビックリ!

DSCF1699.jpg

DSCF1700.jpg

 なんかめっちゃ洒落た街並みなんですけど^^;

 

 と言うか新興都市っぽさすら思わせるきれいに整備された街でしたっす^^

 

DSCF1701.jpg

 実は最寄りのバス停を検索もしてなかったので不安だったんすが、

 

 適当に降車したらどうやらドンピシャだったみたいw

 

 バス停から徒歩1分で目的地へ到着です(*´д`*)

 

DSCF1702.jpg

 坂東市観光センター秀緑。

 

 明治初期からこの地にあった相澤酒造(のち大塚酒造)さんの跡地を市が取得してオープンさせた交流センターっす。

 

(創業は江戸期。醸造所をここに構えたのは明治初期)

 

DSCF1703.jpg

DSCF1704.jpg

 敷地内には築100年を超える酒蔵を改修した『ガラス工房』や『体験工房』などの参加型施設なんかもあるっす^^

 

 そして当然私の目的は煉瓦ちゃん。

 

 なんでも煉瓦の煙突があるそうなのだ!(けものフレンズのアライさん風)

 

 ではさっそく行くのだぁ!(アライさん風)

 

DSCF1705.jpg

DSCF1706.jpg

・・と思ったら『←アルパカ』って書いてありゅうう!

 

 こ、これは・・・

アルパカさん.jpg

 アルパカさんにタダで会える絶好のチャンスではないかいw

 これは見に行かないといけやせんね!

 

 と言うことでさっそくアルパカさんへ会いにGO!

 

 

DSCF1707.jpg

 うひょー、ぶさ可愛いw アニメと似てねーw


 

DSCF1709.jpg

DSCF1711.jpg

 なんかすっごく口をモグモグしてるんですけど^^;

 

 つば吐かれる前に退散ですw

 

 

DSCF1712.jpg

DSCF1713.jpg

 お目当ての煉瓦煙突前にやってきやした^^

 

 割と明治期を駆け抜けた酒蔵さんにはこの手の煉瓦煙突が多いし、珍しくもないんだけど、

 

 なぜここに来たのかはちゃんと理由があるのです。

 

DSCF1714.jpg

 土台部(焼き窯部位?もしくは排煙たまり?)はイマドキ煉瓦で補強かな?

 

DSCF1715.jpg

 煙突もよく見ると撥水剤か何かでコーティングされてたっす。

 

DSCF1716.jpg

 煉瓦の平面が見えるところを見てみたけれど背丈より高くて限界が^^;

 

 さて陽を背にして裏側へとまわるとーーー

DSCF1717.jpg

DSCF1718.jpg

『大正一二年 下野煉瓦』って書いてあったとです。

 

 ズバリ今回の目的はコレなんです^^

 

 下野煉瓦と言えば栃木県野木町にあった下野煉化製造会社(明治21年設立)っす^^

 

 シモレンとも呼ばれたこの煉瓦は関東北部を中心に非常に多くの煉瓦施設に使用されたんす。

 

 ただ、わたしってば『シモレンの煉瓦刻印を現存する建物で見つけたことがない』ので機会があれば探したいと思ってたの^^

(展示物の刻印や野良煉瓦・捨て煉瓦では何度も見ている)

 

 だからここへとやってきたって訳っす☆

 

DSCF1719.jpg

DSCF1720.jpg

DSCF1721.jpg

 で、結果は?と言うと、

 

 残念ながら見つけられませんでしたw

 


DSCF1722.jpg

 

 それならば他にも煉瓦は無いのかと彷徨うわたし。

 

DSCF1725.jpg

 ん? この石碑みたいなの何だろう???

 

DSCF1726.jpg

 うお!? ほころびた土台部煉瓦を発見!

 ただし刻印など見れるわけもない^^;

 

DSCF1727.jpg

 裏手に回ると石碑だとばかり思い込んでいたこの物に、木栓が刺さってたのだ。

 

 元は醸造タンクか何かだった?(もしくは水の溜め置き場か)

 

 他にも何か無いかと振り向けば

DSCF1728.jpg

DSCF1729.jpg

 こっちにも小さい煉瓦煙突付きの建物があったよ(*´д`*)

 

 ここは案内所となっているけれど、

 

 元々は明治20年代後半に建てられた店舗兼母屋だった場所っす^^

 

 さてここで発見をする私。

DSCF1730.jpg

 このミニ煉瓦煙突の裏手は母屋につながっている感じだったんす(間はせいぜい30センチくらい)

 

 その丁度母屋の壁に煉瓦がちょこっとだけありました。

 

 のぞき込んでみるとーーー 

 

 

 

 

DSCF1731.jpg

 ええっ!?

 

 えっとなんでここにコレがあるのおおお???

 

 小菅集治監の複弁桜花章!!!

 

 てっきり下野煉瓦を探しに来ていたもんだからビックらこいてしまったっす(割と本気で。思わず声が出たw はずかしい・・・)

 

 年代的にはシモレンより小菅の方が創設は古いっす。

 

 と言うことは母屋には小菅煉瓦が使われ、

 あの煙突は大正期にシモレン製で建てられたみたいっすね^^

 なんだかんだで今回も素敵な発見ができました☆

 

DSCF1733.jpg

DSCF1734.jpg

 さてバスを待つ間にラーメンで腹ごしらえ。

 

 後は愛宕駅までバスで帰って電車で帰るか

 その先の野田市駅まで行って引き続きバスに乗り継いで北越谷へと帰るって寸法。

 

 バスの方がレキシトコネクトのレベル上げに有利!と思った私は後者を選択。

 

 結果、それが大正解となろうとはーーー

 

 次回に続くっす☆

 


 

nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー